海外長期滞在で必須の国際キャッシュカード

海外長期滞在で必須といえるのが国際キャッシュカードです。
日本ではまだまだ多くの買い物で現金払いということは珍しくありませんが、海外においてはある程度以上の支払いはクレジットカードが当たり前で、むしろ現金払いをするほうが少数派という国は多いです。

これにはいくつかの理由がありますが、もちろん一つは治安の問題です。
多くの現金を持ち歩くことそのものが安全でない国は多く、決して日本のような感覚でいてはいけません。
カードであればたとえ盗まれても使用をストップさせることができますし、きちんと署名さえしていればストップさせる前に仮に使われたとしても補償されるようになっているからです。

他には、クレジットカードがまさにその名前のとおり、持つ人の信用を現わすものになっているということが言えるでしょう。
カードを持つには当然ながら審査がありますから、カードを提示することイコールその人は一定の信用がおける人、という意味合いがあるのです。

このようにクレジットカードは確かに海外では必須ですが、しかしでは現金は全く不要かというとそんなはずはありません。
カードが使えない店、カードを使うまでもない少額の支払いなどには当然現金が必要です。
いくらクレジットカードがあっても、外貨の現金が用意できるわけではありません。

短期滞在であればともかく、長期滞在の場合、全く手持ちの現金がなくなってしまってはたして生活ができるでしょうか。
その場合に必須になってくるのが国際キャッシュカードです。
日本の銀行に口座を持つ国際キャッシュカード、カードにPLUSとかCirrusと書かれているキャッシュカードがあれば、現地のATMから直接外貨引き出しができます。
見逃せないのは手数料も外貨両替より安いことです。
いま自分の持っているキャッシュカードの裏にPLUSとかCirrusと書かれているかどうか、ぜひチェックしておきましょう。