留学・ワーホリでよくある失敗談

国際社会の現代では、英語ができることが当たり前という風潮になってきており、留学やワーキングホリデーをしたいと考えていらっしゃる方が非常に多いです。
大学生が短期留学や交換留学をすることは一般的になってきていますし、社会人が会社を辞めて、ワーキングホリデーをされる方も増えてきています。
やはり一番の目的は、英語を習得することで、その次に異文化体験などをしたいと考えていらっしゃる方がほとんどのようです。
しかしながら、留学やワーキングホリデーにはよくある失敗談があります。

人気の留学先やワーキングホリデー先は、やはり、人気がある分、日本人がとても多く、英語を習得したいと考えて日本を出てきたはずなのに、日本人が多い場所ですと、結局日本人同士で固まってしまい、日本語で会話することがほとんどになってしまっている場合があります。
やはり、最初は英語が全然聞き取れなかったり、英語を一生懸命話してみても、まったく理解してもらえなかったり、英語を話すことが億劫になりがちです。
そんなときに、日本人が周りに多くいますと、居心地がよく、とても安心できますので、ついつい日本人同士で日本語で会話してしまいます。
このようなことでは、何のために留学やワーキングホリデーに来たのか意味が分からなくなってしまいます。

そのため、日本人が多い国とあらかじめわかっている場合は、やはり日本人は都市部に多くいる傾向が強いので、田舎の方を選ぶだけでも、英語漬けの毎日が送りやすいです。
都市部にいる場合でも、ご自身の気持ち次第でどうにでもできそうな気はしますが、実際に一人で異国の地に行くと、最初は本当に不安を感じやすく、ついつい日本人と一緒にいるようになってしまいがちですので、最初から、英語漬けの毎日が送れる環境を選ぶことがとても大切です。
そうすることで、辛いなかでも英語で生活をするしかなくなり、結果、日々英語が上達していきますので、有意義な留学やワーホリ生活を送ることが可能になります。