留学・ワーキングホリデーのメリット

留学・ワーキングホリデーのメリットは何といっても生の英語を使う機会を得る、文化や習慣を肌で学べる点にあります。
もちろん語学力はある程度必要ですが、行ってしまえば使わなければならない環境なので、現地で学校に行ったり、仕事をしたりするのは効果が非常に高いです。

ワーキングホリデー、留学する先ですが、オーストラリア、カナダが受け入れがあり人気があります。
特にオーストラリアは日本との貿易がさかんで交流もありますし、すでに移住している日本人も多くいるので、行ってみようかと考える人が少なくないはずです。

せっかく現地で語学を学ぶのなら、ネイティヴの人と同居したり、多くの交流を持ちたいものです。
いくら読み書きを学んでも、口をついてぺらぺら英語が出て来るようになるにはまず話すこと、聞くことが大切です。

海外に住むことは容易ではないかもしれませんが、事前に大使館などで情報を得たり、現地の下調べを念入りにしましょう。

経済的な問題も日本にいるうちにプランを持って、何かあった場合の為に備えがあれば心配事が減りますね。
その国にある日本の大使館に在住届けを出したり、日本人との交流をある程度はかり、現地の情報を得るのはいいことです。備えあれば憂いなしです。

肝心の語学力ですが、ゼロからのスタートはやはり外国では難しいので、日本にいるうちに英会話に通ったり、学校で学んだ英語をもう一度やり直しておきたいものです。
出来ればネイティヴの講師のいる英会話学校で自分の実力を試し、繰り返し繰り返し英語のフレーズを口にするうちにある程度話せるようになります。

英語の出来る人はほとんど皆そうして反復して学んでいるので、英語で映画や音楽を楽しむ時間を増やしたり、本を読んで目を慣らしたり自分に合った方法を見つけるのもひとつの考え方です。 ポイントはフレーズに慣れる、ネイティヴの発音に慣れることでしょうか。
オーストラリア、カナダ、イギリス、アメリカ、それぞれ発音が微妙に違うので出来れば滞在する国の発音に慣れておくのも大切かもしれません。

スラングを知ることも必要ですが、将来を考えるときちんとした言葉使いを学ぶほうがいいです。
人前に出てきちんとした言葉が話せないとせっかく学んだ言葉を仕事に生かせなければ意味が半減しますね。

自分への投資だと考えて、若いみなさんには留学・ワーキングホリデーはお勧めです。
勇気を出してぜひとも海外に飛び出してください。